自由になったねぇ。

7月3日に「よっちゃん」(父)が鬼籍の人になりました。

自宅にて、明け方に静かに逝ったのですが…。

確認のために救急隊、警官、刑事、鑑識、医師が大集合!!!

我が家の前には救急車やパトカーが派手に駐車されました。

病院以外で亡くなった場合、事件、事故の可能性が無いか

警察が介入する決まりがあるそうです。

テレビドラマのように玄関には現状維持の見張り番の警察官が立ち、

刑事、鑑識による事情聴取、検視がありました。

貴重な経験をさせてもらいました。


よく、人は亡くなる前などに挨拶に行くと聞きますが

今回も例外ではありませんでした。

よっちゃんは前日にののしゃん(2歳)のところに行ったようで

突然ののしゃんが手を合わせて「もう少しでジジがナムナムなんだって。

これから、はっちゃん(母)がさみしくなるね。」とママに話したそうです。

東京のケイ君(2歳)のところには亡くなった日の朝に

「家に遊びにおいで。」と現れたそうです。

ケイ君が起き抜けに「ジジの家に遊びに行こうよ。」と突然に言いだし

ママはびっくりしたそうです。


よっちゃんは23年前に倒れ、半身麻痺と言語障害がありました。

仕事につくことは出来ませんでしたが、

病気ながら、きれい好きで、自分のことは自分で何でもする人でした。

ここ数年は寝たきり状態で、何度か入退院も繰り返していましたが、

自宅で過ごしたいとのわがまま?希望を尊重して

身の回りの世話を、家族や、ヘルパーさんに手伝ってもらっていました。

(本人は辛かったと思います

最後は世話をかけないようにとの意思が強かったのか

仰向けで、安らかな寝顔と、行儀良い姿勢で「自由」になったのでした。


さてさて、通夜、葬儀とバタバタしている中、

またまた、ののしゃんにはジジの姿が見えたようで、

「タバコと黄色い灰皿」がほしいと言ってるよー。

黄色くて赤くて種がある酸っぱいのが食べたいって。


これには家族一同びっくり

愛煙家だったのは倒れる前のことだし、お気に入りの灰皿は黄色、

酸っぱい実は「大好物のプラム、ソルダム」のこと

どちらも、ののしゃんが知り得ない事柄です。


今はタバコの煙をくゆらしニコニコ笑っているんだって。

よっちゃん自由になってかっとんでいるらしい。



不謹慎かもしれないけど

「よっちゃん、自由になれて良かったねぇ。」

そしてブログネタにしていることを笑って許してね~。

「いままで本当にありがとう~☆」


























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック